解体現場を見る

今日は休日でしたが、空も晴れていたので気になっていたY様の解体現場に行ってきました。Y様は畑の一部に離れをご計画しております。そのため、長年寄り添ってきた小屋を解体しなくてはいけません。この小屋、現在の母屋が建つ以前からお母様が内職されていた場所でもあり、農機具を出し入れしていた小屋だそうです。本日10:00頃覗きにいきましが、既に半分失った状態でした。とても簡単に崩れていきます。。現場にみえたお母様との話や、「息子のために」と写真を撮る姿を見ても長い年月が経った分、そこでの想いでも沢山あるんだと思います。k様の時も思いましたが、思い出の沢山詰まった建物を解体するのは切ないものですね。新しい家を建てることだけを考える営業マンにはなりたくない!現場に立ち合い、なるべくお施主様の気持ちに寄り添ったシゴトをしていきたいな。とあらためて思いました。スーパーでは見たことがない、まだまだやわらかく大きなアスパラ。収穫先は「I 様」のご計画地だそうで。あまりにも美味しそうだったので、少し分けていただきました^^さっそく今朝オススメの「焼きアスパラ」してきました!とれたてのアスパラが食べれるなんて、大阪では考えられない。 母が聞いたら羨ましがるだろうな~