商人の町にまなぶ丁寧な暮らし

大阪の町屋カフェに行ってきました。大阪といえば、天下の台所。商人の町ですよね。いまも町屋がたくさん残っていて、建築士として多くの学びを得られる場所でもあります。今回訪れてきたところはとくに町屋再生に力を入れている地域で、素敵なお店が色々点在しております。私は、古い建物や、狭い路地やキモチワルイ路地を見るのが好きで、このような町屋はドキドキしますね。また、建物だけでなくて、そこで使われている物、古い食器、古い道具、古い家具などなど古いものがキレイに使われているのも大好きです。こういったものも暮らしを彩る大切なアイテム。そのなかにあったごはんや「おばや」。ここで頼んだ にゅうめん がめちゃめちゃ美味しかったのでその写真と。古いけど、丁寧に、きれいに使われた道具や台所を見て「あ~物を大切に使っている感じがいいな~」「あ~生活感があってアジが出てるな~」「あ~こんなな台所もいいな~」と「あ~あ~」感じながら。あこがれを感じながら。わたしも彼らを見習って丁寧に使って、丁寧に生活していきたい! と思ってますのでその写真です。まだまだほど遠いですが、こんな風に丁寧に生きていける人になりたいです。そんな暮らしをご提案できるようにもつとめて参ります。PR:岐阜のおすすめ木の家工務店